2010年 12月 03日

 可哀そうな彼女

         失敗したくないからいつもよりもシャッタースピードを上げて~
 
f0154796_0134368.jpg

 
f0154796_013566.jpg

 
f0154796_0141187.jpg

 
f0154796_014271.jpg

 
f0154796_0143625.jpg

         アタシだって ヨッシャァ~っ!! って思ったよ、でもみなさんすでにご存じのとおりの2着に降着。。。

         ブエナヴィスタが可哀そう。
         自分でも勝ったと感じているのに、優勝レイはかけてくれないし華々しく写真も撮ってくれないのはなぜかしらって絶対思っているよね。
         でも、最後のあの追いこむ脚がすばらしかった。強い馬だなと思ったよ。


         ローズキングダムも繰り上がっての1着なんて面白くないだろうから、
         それぞれの名誉のために有馬記念は燃え上がりそう・・・



         今回、降着によって武Jが1着になったけれど、
         彼も昔降着になって数日間行方不明になった事をふと思い出したり。
         皮肉な事柄が人生には起こるものです。




           今回、開門ダッシュ寸前の動画を撮るのはとても無理だったので
           パドックまで走って場所確保した時点で、そこからの様子を撮ってみました。


         

        
            やっぱりリュックでないと走れません。 やけに息が上がって苦しかったです。
            驚いたのが、白髪のご老人女性が私よりも前方を走っていたこと。
            しかも彼女を抜くことができない・・・(@_@;)
            ご婦人、一体いつの何時から開門待ちをしていたの? 

            しかしそんなお姿を見たらこちらも元気が出てくるというものです。
            ぃよーし、がんばるどぉーっ(^◇^) 

            ちなみに今回の開門時間はちょっと遅くて7時55分。




  東京競馬場
[PR]

by amie-21s | 2010-12-03 00:51 | 馬・競走馬・競馬場


<<  お疲れ様でした       皇帝が来た >>