2011年 03月 18日

 一週間。

     7日たちました。

     尋常ではない揺れの中、不安と動揺を抱きながらも落ち着かなければと
     イグの温室を支えながら、お願いだからもうおさまって。静かになってくれと。
     そんな状況が2回。 そのあと余震が続きました。

     温室にはストッパーを取り付けてあり、二方面は壁、一面は温室と同じ高さの棚、
     その棚の脇にはロングチェストが有るので倒れることは無いのですが
     なんとなく支えたのと、万が一、イグがパニックになった事を思ってそばにいました。

     地震酔いでしばらく気分の悪さが続く中、関東でこの規模の大きな横揺れならば
     どこかでさらに大きな被害があるのではないかと思いました。



     ベランダから外を見てみると、台場方向には煙が上がっていました。
     地震から割とすぐにですよ。
  
f0154796_12244723.jpg



     すると冷たい風が吹き始め、勢いのある雨がバラバラと振ってきて、すぐに虹が出始めました。
  
f0154796_1225480.jpg



     台場から右を見ると羽田方向になります。 気持ちの悪い空です。
     しばらくすると、着陸できない飛行機達が飛行場上空、私の自宅マンション上空を行き交う光景が見られました。 
     撮ろうと思ったのですが、不謹慎に思えやめました。 目にはしっかり焼き付いてしまいました。
  
f0154796_12251727.jpg

  EOS40D+EF24-105F4L IS USM



   写真を見て怖くなってしまった方はすみません。


   本当に恐ろしかった。 

   ましてやテレビから伝わる東北の姿は悲惨極まりないもので、今でも涙が出てきて仕方がありません。
   特に津波被害。
   私は水難災害に遭っているので、水の移動の速さを怖いほど知っています。
   どんなに怖くて苦しかっただろうと思うと、胸が張り裂けそうになります。

   改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。





    さて、私めのブログの更新がやや途絶えたのは
    地震の数時間前に、浮かれた記事を書いたことが恥ずかしかった事と
    その日その時家に居たという事が、帰宅困難になってしまった方々に申し訳なく感じているからです。
    女トモダチ達なんかはパンプスですから、それで4~5時間歩いて帰宅したとのメールを受け取ると
    本当にごめんなさいという気持ちでいっぱいなのです。
[PR]

by amie-21s | 2011-03-18 13:30 | スナップ


<<  ワンちゃんシューズ       ハートなオトコ >>